事例紹介

​まんまる薬局でのサポート事例をご紹介します。
患者さま1人1人にあったサポートの提案を心がけています。

週1回の定期訪問で

服薬コンプライアンスを改善

80代男性 Aさん

​独居。アルツハイマー型認知症、糖尿病あり。

Aさんは認知症があり、ご自身によるお薬の管理が難しく、服薬コンプライアンスが悪化しておりました。

また毎日のインスリン自己注射では、ヘルパーさんや訪問看護さんが見守りを行なっていました。

まんまる薬局でのサポート

①ヘルパーさん等が訪問するタイミングでの服薬のみで足りるよう服薬回数の変更を提案しました。

(1日2回の内服薬→1日1回の内服へ変更)

②週1回の定期訪問を行なうことで自己注射見守りもあわせて行うこととしました。

サポートによる効果

①患者さま1人1人の生活環境やケアの状況に応じた処方提案を行うことで、服薬のコンプライアンスを改善すること

ができ、患者さまの症状も安定するようになりました。

②服薬に関連するケアを薬局が補うことで、介護保険の利用限度額内でその他のケアに時間をさけるようになりました。

退院時カンファレンスに参加することで、

退院後の生活に合わせたお薬への変更

80代女性 Bさん

​独居。肺がん末期、軽度認知症、高血圧。

Bさんは人生の最期をご自宅で迎えたいとの希望があり、病院から退院し帰宅することになりました。

​ご自宅で最期を迎えるにあたり鎮痛コントロールが重要な課題でした。

まんまる薬局でのサポート

退院時カンファレンスでのケアマネからの情報では、帰宅後のヘルパーの介入は1日2回の介入が限度とのことでした。

そのため、病院で服用していた1日6回のお薬から1日1回への貼り薬へと変更提案し、帰宅後も可能な限り上手く鎮痛を

コントロールできるようにしました。

サポートによる効果

病院では可能だった細かなサポートもご自宅では難しいことがあり、お薬をそのまま使用すると結果服用できないという

ことが多々あります。

ご自宅で最期を迎えたい希望される患者さまには、帰宅後の生活環境に合わせ服薬回数を調整することで、最大限可能な

範囲で症状を抑えることが可能になりました。

また、退院時のカンファレンスでそれを判断することで、帰宅後の生活にスムーズに対応できました。

外来受診の患者さまでも訪問薬剤導入で

服薬コンプライアンスを改善

70代女性 Cさん

​独居。認知症(気分にムラあり)、高血圧症あり。

Cさんはヘルパーさんと一緒に毎月診療所に外来受診し、1か月分ずつ薬を処方してもらっていましたが、認知症があり

服薬のコンプライアンスが悪く、自宅には沢山の残薬がある状況でした。

まんまる薬局でのサポート

Cさんが外来受診している診療所に状況をお伝えし、「訪問薬剤管理指導」の指示を頂きサポートを開始しました。

①残薬調整:初回訪問時には大量の残薬を仕分けし、その後の処方の日数調整を行ないました。

②お薬のお届けから服薬指導、カレンダーセットまで薬局で行なうことにしました。

サポートによる効果

①大量の残薬を整理し必要なお薬を見える化することで、他の介入スタッフにもお薬の状況がわかりやすくなりました。

②ご自宅へ訪問することで、Cさんの本当の服薬度合いがわかり、こまめな訪問や丁寧な服薬指導により徐々に服薬の

コンプライアンスが改善しました。

薬剤師としての視点で

状態改善

90代女性 Dさん

​独居。認知症、高血圧、便秘症あり。

Dさんはもともと便秘薬を服用しながら排便コントロールをしていました。

しかし1か月ほど前に便秘薬を変更してから下痢気味になることがあり、サービス担当者会議にて議題にあがりました。

まんまる薬局でのサポート

薬剤師の視点から、他の便秘薬と比較検討しマイルドな便秘薬に戻し、かつ用量を1錠から2錠に増やすことを提案し

ました。

サポートによる効果

お薬変更後は下痢で下着を汚すこともなく、便秘も解消されました。

サービス担当者会議でケアの議題に上がった課題に対し、医師としっかりコミュニケーションをとり対策をとりました。

​お問い合わせはこちら

株式会社hitotofrom

​東京都板橋区上板橋2-40-8 フレンディー上板橋1階

TEL  :03-6913-0326

FAX :03-6369-3199

Mail : manmaru@hitofro.com

  • まんまる薬局Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020 hitotofrom inc.